販促品を考える

販促品とは、文字通りある商品の販売促進のためのプロモーションの一貫です。販促したい商品のキャンペーンなどで、配布することによって商品の売れ行きアップや認知度の向上が期待されるものです。 販促品は当然ですが、自社で用意するものですが、大半は業者などに委託して、製作するものが多いです。

商品を売るための販促品ですから、インパクトのあるものを指名したいという気持ちがあるのも当然ですが、意外とシンプルなもののほうが喜ばれます。というよりもむしろ出過ぎない地味なものが販促品としてはいいようなのです。一般的に良く用いられるのが宣伝を兼ねたポケットティッシュでしょう。街角などで配布していることが多いのですが、ティッシュは誰でも使うものですし、広告も入れやすいですから販売促進を考えた上ではもっとも適したものであることは間違いありません。他にはよく知られているように、ボールペンなどが用いられます。

広告宣伝費は多ければ多いほど商品は売れますが、もちろん無尽蔵ではありません。できるだけ広告宣伝費を抑えながら新商品が売れるのが一番良いのです。その中で販売促進に欠かせない商品の値段を抑えることは得策なのかまずいことなのか意見の分れるところでもあるのです。その中でも、ティッシュやボールペンなどはもらっても邪魔にはならず、すぐに使い切れるわけでもありませんから、広告宣伝としての役目は十二分に役立ってくれることでしょう。

~PICK UP~
ティッシュやボールペン以外だとうちわの販促品なども多く、このような専門のサイトもあります → → うちわ

Copyright © 2014 販促品とはなにか All Rights Reserved.